損切りレートを正しく決める勇気。【3/30 デモトレ記】

■シェアする■

一昨日3/30、デモトレ記更新後のトレード結果(ユーロ/円 10分足チャート)です。
お納めくださいm(_ _)m

★3/30 23:14 127.611買い → 3/31 00:01 127.600売り -1.1pips

★3/31 00:01 127.701買い → 3/31 00:23 127.590売り -11.1pips

★3/31 00:38 127.512売り → 3/31 01:47 127.400買い +11.2pips

と、まあこんな感じです(^_^;)

ブログを書いていた時にはいい感じに+10pipsくらいまでは上がっていたので、

そこでいつも通り利益確定決済をしておけばプラスで終わっていたんですけどね~(^▽^;)

損切り予約を動かしながらさらなる利益確定を目指す」作戦を試してみたのですが
見事に失敗に終わりました。

↑その作戦は波を読んで、推進波1波or3波あたりでトレンドの勢いがしっかりした時に
やらないとイカンですね。(^_^;)

スポンサーリンク

チャートは複数を利用して広く見るべし。

p0331-07

ちなみに、複数のチャートで全体を見ると絶賛上げトレンド中なんです。

↑のチャートは 3/31現在の日足チャートです。

3/1を底値として、上がり始め
一旦3/14~3/22は下げトレンドでしたが、3/24~6日連続上がっています。

3/1を上げトレンド推進波1波とすると、今は推進波3波目ですね。

MACD(下 テクニカルエリアの緑ライン)も上がってますし、

一緒に表示されているオシレーター(勢いを見るグラフ)も上向きで赤いライン
=まだ上昇の勢いがある 状態です。

ここまで連日上がっているので、日足以下全てのチャートでもその上げトレンドがしっかり見えます。

つまり、買い」の好条件ということです。

大きなトレンドの中の小さな波

p0331-08

全てが上昇トレンドとはいっても、
その中でも もちろん常に100%値上がりしているわけではなく

波形を形成しながら上昇していくので下がる場面=押し目もあるし、

勢いが弱まり横ばいで推移するタイミングもあるわけです。

↑のチャートは3/31 23:50現在の1時間足チャートです。

日足チャートではただの陽線でも
一日のうちにこれだけの波があるわけです。
(もっと細かい目のチャートにすればさらに小さな波がたくさんあります。)

「チャートの達人への第一歩!「チャートは値動きのマトリョーシカ」」参照。

で、私は大体、15分足の波をメインに、1分足の波も見ながらトレードするのですが

本来、15分足の波を取ろうというのなら、損切り予約は15分足の直前安値(←上昇トレンド・買い建ての場合)を取るべきだと思うのです。

しかし、私はビビリなので15pips以上の損に抵抗があり

損切り予約を
ポジションより15pips以下の差あたり=大体1分足チャートの直前安値にしてしまうのです。

そうすると、せっかくの上昇トレンドの中でも、15分足でみれば大したことない押し目でも

損切りレートが近くを設定しすぎていて無駄に損を出してしまう

という結果を出すことが多々あります。(´・ω・`)

損切りラインももう少し勇気をもって決めることも試していかないとなぁ

と思った次第でございます。(`・ω・´)


■FX情報リンク■

トラコミュFXで頑張ってる人、集まろう!
トラコミュ初心者の為のFX為替取引
トラコミュ外国為替証拠金取引で儲ける!



★毎日を自由に 自分の好き好きに生きてる人たちのブログ★

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
ブログ村 ライフスタイルブログ


人気ブログランキングへ
FXトレード日記 人気ブログランキングへ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です