レンジ相場【今さら聞けない FX用語】

■シェアする■

261063

たまに聞くけどどういうことなのでしょうか?(;’∀’) という時に問題が解決するページ。

スポンサーリンク

レンジ相場(れんじ そうば)

p0309-5

一定の値幅(レンジ)で値上がり値下がりを繰り返す状態の相場のこと。

ボックス相場・もみ合い・保ち合いの状態 ともいう。

強い力のトレンドを形成するような判断材料(ニュース)がない時期や
今後どちらに動くかよく分からないような相場が先行き不透明な時期などに形成されやすい。

売り買いの力が均衡している状態が ” レンジ相場 ” 。

↑は相場の値動きの様子(ベクトルにかかる力の関係)を風船に例えた図です。

相場の動きというのは
買いたい人が多ければ値上がりし、売りたい人が多ければ値下がりします。

レンジ相場
その売り買いの力(売りたい人買いたい人の多さ)が均衡している状態です。

どちらにいくこともできないため大きく動くための力がどんどん溜たまっていきます。

それが、その売り買いの力の均衡が崩れるとレンジ相場が終わりを告げ、
一気にしっかりとしたトレンドを形成していきます。

↑TOPへ戻る

「レンジ相場」 と 「ブレイク」

p0309-4
これは米ドル/円 の2014年1月~2015年10月頃までの日足チャートです。

赤い高値ライン青い安値ラインに挟まれている部分がレンジ相場です。
ラインを挟んでレートが行ったり来たりしているのが分かります。

レンジ相場が形成されている期間は
2014年1月31日 ~ 2014年8月20日 です。約半年ですね。

レンジ相場高値ラインから抜けた部分(緑の〇印)
「 ブレイク (もしくは レンジブレイク )」と言います。

ブレイクすると新たなトレンドが始まり、一気に値が動く可能性がありますが、
上記チャートのオレンジの〇の部分のようにまたレンジ相場に戻ることもあります。

このように、一旦ラインを抜けてもレンジに戻ってくることを「だまし」と言います。

“だまし”のように例外はありますが

レンジ相場の間は安値ライン付近で(V)を、高値ライン付近で(Λ)を形成しやすいので
安値付近買い高値付近売る方法を取って利益を上げることができます。

ただし、レンジ相場が終わりを告げると、一気に値が動きますので

ポジション保有時は同時に
買い建ての時は安値ライン売り建ての時は高値ライン
損切り予約もしっかりしておきましょう。

↑TOPへ戻る

ブレイク後に始まる「トレンド相場」

p0309-3

レンジ相場がブレイクし、新たなトレンドが始まると、一気に値が動きます。
レンジ相場だった期間が長ければ長いほど、均衡が崩れた後の反動が強い可能性があります。

たとえば、このチャート。先ほどのレンジ相場の前後期間を広く表示したものです。
2013年8月27日~2015年3月24日が表示されています。

レンジ相場の約半年、2円に満たないほどの値幅
101.16(安値)~102.82(高値)辺りをうろうろしていたのに

レンジ相場がブレイクした後、一気に値を上げその後の12月8日、ブレイクから約3か月半で

約19円の円安、 121.851の高値をつけています。

このブレイク後の相場のように
しっかりと一定の方向に値が動いている状態を「トレンド相場」と言います。

↑TOPへ戻る

↓その他【今さら聞けないFX用語】シリーズはコチラ。
p0109-1

↓用語を調べたい時には用語集(索引)をご利用ください。
p0109-02

■FX情報リンク■

トラコミュFXで頑張ってる人、集まろう!
トラコミュ初心者の為のFX為替取引
トラコミュ外国為替証拠金取引で儲ける!



★毎日を自由に 自分の好き好きに生きてる人たちのブログ★

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
ブログ村 ライフスタイルブログ


人気ブログランキングへ
FXトレード日記 人気ブログランキングへ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. pin より:

    自分で容易に理解できる用語の時はホッとします

    今日はそんな用語でした。

    • 由宇 未來 より:

      >pinさん
      良かったです。(^^)
      自分でも書いてて思いますが、
      FXの専門用語って、他の専門用語を使わないと説明ができないものも多くて
      ややこしいことこの上ないですよね。(^_^;)
      私もだれでも元々専門知識がなくても分かりやすいように書いてるつもりですが
      分かりにくいなど何かありましたら是非教えてくださいね。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です