逆指値【今さら聞けない FX用語】

■シェアする■

261063

注文方法ってたくさんあるみたいだけど、これってどうなるの?(;’∀’)

という時のために役立ちそうなページ。

スポンサーリンク

逆指値(ぎゃくさしね)

p0206-5

逆指値とは

指値と同じように 買いたい(売りたい)為替レートを指定して発注する注文方法です。

ただし、指値とは逆で
現在のレートより不利な価格で売買したい時に使います。

指値 ⇔ 逆指値 !?

逆指値は言葉どおり、指値とは逆に

「今のレートより高く買いたい」「今のレートより安く売りたい」時に使います。

取引をする場合、より高い価格で買ったほうがより安い価格で売ったほうが有利ですので

逆指値はあえて不利な価格で注文を入れることになります。

通常のポジションと同時に 損切り や 利益確定用の保護ネット的な役割で利用したり、
新たなトレンドに乗るための新規建てに使ったりできます。

逆指値注文はスリッページに注意!

※pips(ピップス)の解説はコチラ。

指値は為替レートが指定価格(注文レート)になった時に原則 指定価格で約定します

しかし、逆指値は

買いの場合 指定価格以上売りの場合 指定価格以下 で約定するもので

注文レート と 約定レート との間にズレができる可能性があります。

そのため、一部FX業者では「トリガー注文」「トリガー価格」という言葉が使われています。

※注文レート と 約定レートとの差をスリッページといいます。

特に相場急変時は為替レートが指定価格を一気に通り越してしまう可能性があり

そうすると損失幅の拡大を防止するための逆指値注文のはずが、
思惑以上の損失を被る可能性が出てきます。

逆指値注文を入れるときはスリッページを考慮し、余裕を持った価格を設定しましょう。

★逆指値の有効的な使用方法はコチラの記事で紹介してます。
⇒「超便利!逆指値で心のゆとりと自由時間をゲットする2つの方法」

↓その他【今さら聞けないFX用語】シリーズはコチラ。
p0109-1

↓用語を調べたい時には用語集(索引)をご利用ください。
p0109-02

■FX情報リンク■

トラコミュFXで頑張ってる人、集まろう!
トラコミュ初心者の為のFX為替取引
トラコミュ外国為替証拠金取引で儲ける!



★毎日を自由に 自分の好き好きに生きてる人たちのブログ★

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
ブログ村 ライフスタイルブログ


人気ブログランキングへ
FXトレード日記 人気ブログランキングへ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です