為替レート【今さら聞けない FX用語】

■シェアする■

261063

普通に使ってるけど改めて詳しくって言われると…???(;’∀’)

という時に役に立ちそうなページ。

スポンサーリンク

為替レート(かわせれーと)

異なる二つの通貨を交換(売買取引)する際の交換比率(取引価格)。

レート・為替相場 ともいう。

参考:外国為替【今さら聞けない FX用語】

為替レート の表示形式

” 1ドル = 120円 ” という書き方をすると

「1ドルと日本円を交換するには120円必要です」という意味になります。

為替レートは株価のように「現在〇○円」とその時の価値を表す単一の価格は存在しません。

「売値(Bid)」と「買値(Ask)」の二つの価格で構成されており

「Bid-Ask」というように必ずセットで表示されます。(2wayプライス表示

TVなどで「現在の為替相場は○○円〇○銭~○○円△△銭」と表示されるのは

「売値~買値」という意味です。

為替レートは流動的に刻々と変化する。

p0202-1

為替レートは外国為替市場で24時間常に取引されていて刻々と変動していきます。

(※土日祝はお休み)

レートは市場における需要と供給のバランスにより成り立っています。

市場での取引は ” 売買 ” の言葉が使われているとおり「売る」か「買う」か。

私たちの生活に密接な物価も同じですが、

価格というものは 買いたい人が多ければ上がり売りたい人が多ければ下がります

取引のセオリーとして
価格が安い時に買いたいですし、高い時に売りたい心理が働きますし、

経済指標や金利政策などを判断材料に通貨の価値を見極め、他国通貨を
買い入れたり手放したりが常に繰り返されていますので

為替レートは多い時には1秒よりも細かい頻度で変動していくのです。

FX業者の 投資家向け 為替レートのつくり方

p0129-2

投資家が FXトレードの際に参考とする為替レートは

FX業者がカバー先金融機関から提示された為替レートに自社のスプレッドを上乗せしたもので、
FX業者ごとにその業者独自のレートを提示しています。

p0202-2

FX業者が提携するカバー先は複数に及びます。
各カバー先金融機関もインターバンク市場の相場を元に独自のレートを提示しています。

FX業者がカバー先がそれぞれ提示する為替レートの中から

投資家にとって有利なレートを採用し、自社レートの元とするのです。

また、為替相場が急変したときや 値動きが激しいとき、

カバー先のある1社に不測の事態が起こるなどして
レートが提示されなくなってしまったり、異常なレートが提示されたりしたときには

臨機応変に採用していたレートを変更するなどして、より安定的な値動きが維持されていくのです。

↓その他【今さら聞けないFX用語】シリーズはコチラ。
p0109-1

↓用語を調べたい時には用語集(索引)をご利用ください。
p0109-02

■FX情報リンク■

トラコミュFXで頑張ってる人、集まろう!
トラコミュ初心者の為のFX為替取引
トラコミュ外国為替証拠金取引で儲ける!



★毎日を自由に 自分の好き好きに生きてる人たちのブログ★

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
ブログ村 ライフスタイルブログ


人気ブログランキングへ
FXトレード日記 人気ブログランキングへ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です