カバー先金融機関【今さら聞けない FX用語】

■シェアする■

261063

これってどういうことなの?(;’∀’) という疑問を解説していくページ。

スポンサーリンク

カバー先金融機関(かばーさき きんゆうきかん)

カバー先金融機関とは、FX業者がカバー取引を行なう相手方の金融機関のこと。

カウンターパーティーともいいます。

p0129-1

カバー先金融機関は、インターバンク市場に直接参加しているような大手銀行や証券会社などで、各FX業者が個々に提携しています。

FXトレードでのカバー先金融機関の役割

p0129-8

カバー先金融機関の直接の取引相手はFX業者で、投資家は直接関わり合うことはありません。

しかし、投資家がFXトレードを行なうにあたり 切っては切れない存在であり、
非常に重要な存在です。

それでは、FXトレードにおいてのカバー先金融機関の役割を簡単にみていきましょう。

為替レートの提示

p0129-2

投資家が取引をする際に参考とする 為替レート

カバー先金融機関の為替レートに FX業者がスプレッドを上乗せしたものが、
投資家に提示する為替レートの元になります。

p0129-3

カバー先金融機関が提示する為替レートはインターバンク市場の相場が元になっています。

インターバンク市場自体が相対取引で成り立っており、その時の相場を表す単一の為替レートは存在しません。

そのため、カバー先金融機関も個々が独自の為替レートを提供しています

もちろん、市場の相場を元に決めたレートのため、各カバー先で提示される為替レートに大きな差が生じることはありません。

カバー取引

p0129-4

投資家との相対取引のリスク回避のため行われるカバー取引は非常に重要です。

FX業者が投資家と取引を行なう際、カバー取引がうまく行われないと、
FX業者が損失を被る可能性が出てくるからです。

そのため、投資家の注文よりもカバー取引の成立条件が優先されます。

よって、為替相場急変時や、流動性が著しく低下している時などに

カバー取引が成立せず、投資家の注文も不成立(約定拒否・リジェクト)となる可能性や、

投資家の注文レートと約定レートにズレが生じる(スリッページ)可能性が生じます。

※スリッページはFX業者の注文システムの処理能力の問題なども関係してくるため、
全てがカバー先が要因になるわけではありません。

FX業者が複数のカバー先金融機関と提携するメリット

p0129-5

FX業者は大体 複数のカバー先金融機関と提携しています。

複数のカバー先と提携することで、

投資家向け為替レートの安定性 カウンターパーティーリスクの分散効果 が期待できます。

投資家向け為替レートの安定化

p0129-6

FX業者は、複数のカバー先金融機関と提携することにより、

複数のカバー先がそれぞれ提示するレートの中から、
投資家にとってより有利なレートを採用することができます。

また、相場急変・レート異常・カバー先為替レートの提供停止など非常時に臨機応変の採用為替レートを変えることで、
より安定した為替レートを提供することができます。

カウンターパーティーリスクの分散化

カバー先金融機関が世界の大手金融機関であっても、破たんリスク(信用リスク)は存在します。

もし、カバー先金融機関の1行が破たんしてしまっても、他に何社もカバー先があれば、

最悪の取引不能や大損害を被る事態を回避・分散することができます。

カバー先金融機関の数 と FX業者の良し悪し との関係性

p0129-7

提携しているカバー先金融機関はFX業者ごとに数も会社もそれぞれですが、

現在は各FX業者それぞれが一定数以上のカバー先と提携しているため、

カバー先の多い少ない や カバー先の質 如何で、

FX業者自体の信用度やサービスに良し悪しがあるわけではないようです。

カバー先金融機関は公示することが義務付けられているため、FX業者のサイトや約款などに掲載されています。

↓その他【今さら聞けないFX用語】シリーズはコチラ。
p0109-1

↓用語を調べたい時には用語集(索引)をご利用ください。
p0109-02

■FX情報リンク■

トラコミュFXで頑張ってる人、集まろう!
トラコミュ初心者の為のFX為替取引
トラコミュ外国為替証拠金取引で儲ける!



★毎日を自由に 自分の好き好きに生きてる人たちのブログ★

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
ブログ村 ライフスタイルブログ


人気ブログランキングへ
FXトレード日記 人気ブログランキングへ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です