初心者でもうまくいく!エリオット波動を理解して利益につなげよう!

■シェアする■

p1222-1

いつもチャートを読むのに利用している ”エリオット波動”。

現在、この理論をメインにチャートを読み取っていますが、
相場の流れを読むのに苦戦することもしばしば。

なので今一度 初心に帰り、復習がてら分かりやすく紹介したいと思います。

スポンサーリンク

エリオット波動とは。

p1222-2

エリオット波動とは
米国の株式アナリストである ラルフ・ネルソン・エリオットが提唱したテクニカル理論です。

エリオット波動の理論では

「相場の価格変動には一定の秩序がある」

と言われています。

昨日紹介したダウ理論と エリオット波動の理論は 元々、株式相場に対しての理論ですが、
為替相場のチャートにも当てはめることができます。

”推進波” と ”調整波”

p1222-3

※この図は上昇トレンドを例にしています。
下降トレンドの場合、逆向きの波動を描くことになります。

エリオット波動はトレンドに対して、

上昇局面で「5つの波動(➊~❺)」を描き、下降局面で「3つの波動(ⓐ~Ⓒ)」を描きます。

上昇局面で3つの山 と 下降局面で 2つの谷 と言った方が分かりやすいかもしれません。

以前エリオット波動を紹介した記事では
上昇局面で 上がる(1)→下がる(休憩1)→上がる(2)→下がる(休憩2)→上がる(3)=5つ
下降局面で 下がる(1)→上がる(休憩1)→下がる(2)=3つ

と紹介しました。

上昇局面での波動を 推進波 といい、下降局面での波動を 調整波(修正波) といいます。

波にもいくつか定義があります。

(1)第2波の安値は第1波の安値を下回らない。

(2)第4波の安値は第1波の高値より安くなることはない。

(3)第3波は推進波の中で最も大きく長い(一番短くなることはない)。

ただ、実際に定点観測などでチャートを見ていると、

その時の相場の勢いにより、

★上記条件が見つけられない

★推進波(調整波)が1山(2波)増える

★調整波が足りないままトレンド転換する ということがあるようです。

ダウ理論のトレンド定義と併用して
トレンドの転換や新たなトレンドを見つけよう。

p1221-7

これは、ダウ理論のトレンド定義の説明の中で利用した トレンド転換について説明する図です。

トレンド定義の記事内にも書きましたが、
エリオット波動を見つけるのにダウ理論のトレンド定義の考え方が非常に役に立ちます。

推進波→調整波への転換もそうですが、
調整波の後、
同じ方向で新たなトレンド(推進波)が始まるのか、
逆向きのトレンド(上昇トレンド→下降トレンド)へ転換してしまうのか も見つけることができます。

p1222-4

調整波3波目の次の波が、推進波5波目の高値(天井)を超えれば
新たなトレンド(推進波)の始まり

p1222-5

調整波4波目が高値を更新せず、安値を更新すると トレンド転換
(上昇トレンドが終わり、下降トレンドの始まり。)

どちらの状態にしても、
調整波が5波あったりすることもあるので、見極めには細心の注意が必要です。

定点観測をしていると、
相場(チャート)は無秩序にワケワカラン動きをしているのではなく、
しっかりと法則に則って動いているのがよく分かります。

ただ、機械的に寸分狂わず法則が分かりやすく見えるというわけではないので
(綺麗に見えることもあります。綺麗に見えると嬉くなります♪)
ダウ理論のトレンド定義を使いながらうまく見ていく必要があると思います。

今日はそうやって記事を書きながら久しぶりにデモトレードができました♪
本来なら推進波1波目もしくは3波目を狙うといいのですが、
中期の調整波を狙い、僅かばかり利益が出て終わりました♪(*^▽^*)
中期の波は1~2時間あったりするので、試しに狙ったらイケました。
トレード内容は割愛しますが
こうやってだんだんチャートに慣れていき、トレードチャンスが増えればいいな♪

FXトレードのレッスンは株式会社フェリシア様のトレードレッスンを利用しています。

■FX情報リンク■

トラコミュFXで頑張ってる人、集まろう!
トラコミュ初心者の為のFX為替取引
トラコミュ外国為替証拠金取引で儲ける!



★毎日を自由に 自分の好き好きに生きてる人たちのブログ★

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村
ブログ村 ライフスタイルブログ


人気ブログランキングへ
FXトレード日記 人気ブログランキングへ



スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です